ふじ光成堂薬局ササヘルス販売センター

ササヘルスをお電話でのご注文はこちら

薬局許可番号:第2315号 当WEBサイトのデザインや構成についての著作権は、(株)アークに帰属しています。デザイン等の流用は、堅く禁止します。

はじめての方へ ササヘルスの原材料は安心の国内産の生の葉を使用

ササヘルスは100%国産の熊笹を使用しています。国内の標高1000メートル以上の原生林で、清浄な空気と水に育まれて自生する天然の熊笹のみを使用しています。 熊笹の有効成分のひとつである「葉緑素」は、乾燥させると分解してしまい、色も緑から茶色に変色してしまいます。そのため、ササヘルスは「生の葉」を使用することにこだわっています。

ササヘルスは、防腐剤無添加の熊笹の医薬品です

標高1000メートル以上に自生している熊笹を、生の葉の状態で工場に輸送し、防腐剤などの添加物を一切入れずに作った抽出液がササヘルスです。 工場では、厳密な温度管理のもと、製造まで最も適した保存条件で熊笹を保存します。原料として製造に適したタイミングで、抽出作業を行っています。更に製造の各工程で品質試験を行うといった、何重ものチェック体制で熊笹の質を見極めています。

ササヘルスは40年以上のロングセラー

「ササヘルス」は昭和44年に当時の厚生省から有効性が認められ一般医薬品として承認されました(効能効果:疲労回復、食欲不振、口臭、体臭除去、口内炎)。 40年以上、全国で多くのお客様に愛されているロングセラーの熊笹エキスです。

ササヘルスの開発経緯

ササヘルスの製造販売元である大和生物研究所の創業社長である大泉和也は、 戦争中、静岡県にあった醸造・発酵を専門とする民間の会社に勤めており、 主に潜水艦乗務員向けの「栄養強化食品」の開発と製造を行う仕事に従事して いました。 長期航海に向かう乗組員が、生鮮食品不足によって起こす 脚気や壊血病などを予防する目的でした。 この開発・製造の仕事がきっかけとなり大泉和也は健康食品との出会い、接点を持つことになりました。

資源利用としての熊笹

 太平洋戦争末期になると国内の物資が極端に不足して「栄養補助食品」製造に必要な原料が手に入手しにくい状態でした。そこで、当時原料の対象となっていない植物・廃棄されていた資源を研究、その中から原料として有用なものを発見・活用する研究が行なわれていました。 当時、日本各地の山岳地帯には、熊笹の群生地がたくさん存在していました。 熊笹は一部民間でチマキ、鱒すしなどの保存包装材に使われていた以外は、 林業の妨げになる有害植物とされ、積極的な利用を考えることは無かったようです。 この無尽蔵ともいえる熊笹を資源として研究し、製品開発することが試みられました。

熊笹から「ササヘルス」誕生

 抗菌・防腐作用の目的で食品の包装材に使われていた熊笹ですが、薬効についてはあまり注目されていませんでした。 大和生物研究所創業者の大泉和也は中国の漢方に関する古典に熊笹が中国名、(じゃく)として掲載されており、いろいろな効用があるということを発見。 熊笹の調査・研究を重ね、独自に開発した特許技術を応用して生まれた医薬品が 「ササヘルス」です。

ササヘルスのご注文はこちらから